A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

美白化粧品の医薬品と医薬部外品とその違い

女性なら誰でも白く美しい肌にあこがれるものです。そんな肌を目指して美白化粧品で毎日のお手入れを頑張っている人も多いのではないでしょうか。美白化粧品にはいろいろな種類があり、どれを選ぶか迷ってしまうほどですが、美白化粧品ランキングで選ぶ上でまず気になるのが医薬品と医薬部外品の違いです。どのような違いがあるのでしょうか。
医薬品とは、医薬的効果のある成分が配合された治療や予防に効果のある薬品であり、薬事法によって厳格に規制されています。医師が処方する医療用の医薬品と、医師の処方箋なしで購入できる一般用の医薬品があります。トレチノインやハイドロキノンは美白作用のある医薬品です。
それに対して医薬部外品とは化粧品と医薬品の中間的な位置づけで、治療と言うよりは予防や改善を目的に作られています。美白化粧品の表示で良く見かける「薬用」と付く商品は医薬部外品に分類されています。医薬部外品も薬事法の規制の対象ですが、医薬品に比べればその規制は緩やかです。
医薬品と医薬部外品は有効成分を記載することができます。化粧品は「有効成分」という表現はできないので、成分表示を見るとその商品が化粧品なのか医薬部外品なのかが分かります。
美白化粧品は乾燥肌や敏感肌の人は特に成分が肌に合うかどうかが心配なものです。美白化粧品を購入する際には、医薬部外品かということだけではなく、表示成分をきちんと確認し、自分の肌に合う美白化粧品を選ぶようにしましょう。

Comments are closed.